旧richardkoshimizu's blog

アクセスカウンタ

help RSS 剱岳

<<   作成日時 : 2009/10/18 11:34   >>

ナイス ブログ気持玉 500 / トラックバック 0 / コメント 35

画像


映画「剱岳」が公開されてちょっとばかり、この富山の峻嶮な山岳に注目が集まっています。映画の原作は、新田次郎の小説であり、私は映画は見ていませんが、小説の方は読みました。

奈良時代から信仰の山として、入山が許されず前人未到の山とされていたわけですが.....

明治40年に発足したばかりの「山岳会」が登頂を計画し、それを察知した陸軍測量部が「遊びで山に登る奴らに負けるな」と、測量官、柴崎らを派遣して先に初登頂をしてしまおうとした。当時の測量部は、上層部が陸軍軍人で、現場に出る測量官たちは、50-60倍の競争率を突破して任官した文官だったわけで、柴崎も陸軍の下士官からの抜擢でした。

画像


地元では、立山曼荼羅に見られる「地獄の針の山・剱岳」といった山岳信仰が根強くて、登頂を試みると災難にあう、命を落とすと信じられていた。実際、ほとんど登頂が不可能なほど峻嶮な山であるし、測量部としては登るだけでなく、測量をして三角点を設置しないと意味がない。また、事故で死者でも出れば、測量部の汚点となる。だから、極端に危険な真似もできない。

測量部のトップの陸軍少将は、初登頂を成し遂げて、金持ち連中のお遊びサークルの類の山岳会のはなを明かしたいし、ニュースになれば測量部が評価されることにもなると考えたわけです。

そして、柴崎らは一年のうち梅雨時期の一瞬の晴れ間に唯一登頂可能な条件が整うことを発見して、一気に山頂を攻略する。そして、ついに登頂に成功する。だが、柴崎たちは、山頂で「奈良時代のものと思われる剣,や錫杖頭」を発見してしまう。つまり、奈良時代に修験者が登頂を達成していたことが判明した。そうなると、測量部の少将としては、「奈良時代に上れていたのに、測量部は今まで何をぐずぐずしていたのか?」と非難されるのを恐れて、登頂成功を外部に喧伝することを躊躇う。かくして、柴崎らの快挙は、歴史の中に埋もれてしまったのです。

だが、登れない筈の剣岳に上った柴崎たちは、現地では神様扱いです。次々と訪れてくる信仰者たちは、登れないはずの山に登った柴崎の前にひれ伏し、お賽銭を投げてよこす。生き神様になってしまったのである。

近代登山技術を駆使してもやっと登頂できるほどの難しい山に、ろくに防寒着もなかった時代、修験者が登頂していたという事実に私は驚愕を覚えます。信仰という強い力が不可能を可能たらしめたでしょうか?八百万の神が修験者を山頂に押し上げたのでしょうか?今の時代、登頂不能と見える峻嶮な山々を目の前にして、我々は、登頂のための準備段階にいます。最初から諦めていれば、登頂はできっこない。柴崎のようにこつこつと、条件を固めて外堀を埋めて、一気に登頂を仕掛ける。そんな手法をわれわれも取るべき時です。みんなの力を結集して!

リチャード・コシミズでした。

↓ブログランキングに参加中!
  1日1クリック お願いいたします

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


月別リンク

ブログ気持玉

この記事に貼り付けられるブログ気持玉の上限に達しました。
気持玉数 : 500
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(35件)

内 容 ニックネーム/日時
不可能を可能にする要諦
諦めないこと。綿密な準備。時を読み取る感性。大胆な行動力。そして信じる強さ。

独立党のそれぞれの力を最大限生かし、しなやかで強固な、リチャード氏のジャンプ台に!

ララ
2009/10/18 12:02
峻険なる山の如き
時代と戦う我らを見下ろす
「神」の力よ、いざ我らに与えん。

進みましょう!
険しくとも、困難であろうとも。

「劔岳 点の記」 予告編 【STREO】

http://www.youtube.com/watch?v=6rnF0QmyKE0&feature=related

まだまだ、登頂の途中。
全世界の同志達よ、がんばろう!    
みけねこ(666)
2009/10/18 12:18
統一教会の人間と電話すると、FEMAの話を出したとたん、電話を切る習性が彼らにはあります。
統一教会がCIAではなくFEMAに乗っ取られてはいないでしょうか。
http://alternativereport1.seesaa.net/article/130361693.html
123
2009/10/18 12:20
オバマ大統領の祖父はユダヤ人だった
http://www.henrymakow.com/is_obama_literally_americas_fi.html
no we can't
2009/10/18 12:52
ここで「剣岳」の話題が出るとは!

輿水先生、是非映画もご覧になって下さい。

原作テーマ 「天の力」

      「誰かが、行かねば道はできない」

ソウルの塊、木村大作監督の座右の銘 「人は何をしたかでなく、それを何の為にしたか?」

それらが相まった渾身の作品と思います。

愛縁、機縁、正に独立党にピッタシの映画と思います。




                 
陣中見舞い
2009/10/18 13:22

ロックフェラー 対 ロスチャイルド
http://hexagon.inri.client.jp/floorA6F_he/a6fhe600.html
通りすがりの(´・ω・`)
2009/10/18 13:39
中国人にしては上出来

2009/10/18 14:13
亀井大臣がフリーやネットや雑誌の記者向けの会見で、特別会計に切り込むと発言しました!また利子のない国債の発行にも言及しています。まさに国士ですね!
国士 亀井大臣
2009/10/18 14:22
総ての講演動画を拝見させて頂き、高尚な理念、深い分析眼と人を引き付ける江戸っ子的トークに魅せられてます。今回のブログには越水様の崇高な日本を思う志をことさらに感じます。独立党は真の日本再生の素晴らしいまた力強い萌芽ですね。
志士
2009/10/18 17:11
親子丼・コシミズブログ、2ch、なんか反ロスの安部さん所から出張しているみたい。コシミズさんはコシミズさん。安部さんは安部さん。ベンさんはベンさん。
自分の土俵で相撲を取れ。
砂頭巾
2009/10/18 17:12
コシミズ節ですな
名調子
2009/10/18 18:36
荒田義明の研究に捧げられた独立党員の寄付金は
一体どうなったのか?
http://www.asyura2.com/09/cult7/msg/395.html

この批判している人は、何なのでしょうか?
批判している理由が「ノストラダムスの予言」???
誰かに言わされているのかな?
たまたま
2009/10/18 19:17
先日次期市長候補で、(河村名古屋市長の大学同期生)に「小説911」を進呈したのですが、過激な内容でびっくりしたが、話のつじつまが合い、一気に読んでしまった。おもしろいので、本がぐるぐるまわっていますよと。  ゆるやかに着実に、情報拡散しています。
すり鉢山
2009/10/18 20:01
 提案があります。
「国士」と「売国奴」ランキングを作ったらいかがでしょうか。投票数に関しては、一切の不正投票を排除する、中立厳正な仕組みをつくることは勿論ですが!「人気ブログ」ランキングは明らかに不正がある。
 国民は、投票の判断に参考にする、権威あるランキングです。政治家・役人・裁判官・検事等はこのブログが怖くて真面目に活動するというものです。また、「売国奴」ランキングの上位者には、行政不服審査法に基づいて、不服申し立てを皆で行うのです。
独立党命
2009/10/18 20:21
チャーリーと命名されましたw
おめでとうございますw
本日
2009/10/18 20:39
テクノ・トレードで中国との貿易を行う輿水正。

会社経営者である彼は、親戚の結婚式や葬儀に一体、どれくらい
の「一封」を包むのだろうか。サラリーマンでさえ5万くらいは
当たり前だろうから、経営者となると10万くらいが妥当だろう。

遠縁の結婚式でさえ10万円包むのが常識であるのに、
どうして輿水は、荒田氏の世界のシステムを一転させてしまうという
大研究に対して、5万円しか払えないのか。

とりあえず5000万はいると荒田氏がいうのなら、最低として
1000万は出すのが、いいだしっぺであるお前の役目だろう。
一体、何考えた結果が5万なのだ。なめとるとカンチョウしまくるぞ。

自分がスポンサーだといわんばかりに荒田氏との関わりを大げさに
誇示している人間が、たったの5万円しか投資しない。これでは成功しない、
投資する価値がない、と暗にいっているようなものだ。本気で荒田氏を信じる
なら5万はない。しかも、たった5万円で、一体どこまで荒田氏にからんでいいと
思っているのか。荒田氏の名声のオコボレを貰いたいのなら、もう5万円分
くらいはとっくに使ったはずだ。いい加減に、博士にたかるのはやめろ。
守銭奴コシミズ
2009/10/18 20:51
「植草事件の真相掲示板」のgigi(副管理人)氏がリチャード・コシミズ・ブログの「特別会計」記事を取り上げています。(Aさんの紹介)
 http://9123.teacup.com/uekusajiken/bbs
 独立党は一歩一歩と確実に日本を良くしています。謙虚に、しかし言うべきは正々堂々と主張する。こつこつと、条件を固めて外堀を埋めて、一気に登頂を仕掛けましょう。
 似非右翼にレベルを合わせるような空しい活動ではなく、実効性・生産性の高い行動で核心にズバリと切り込んむことが肝要と考えます。
独立党命
2009/10/18 22:00
最近はネット右翼の印象操作もレベルが落ちたもんだw
自分は名無しであります
2009/10/18 22:01
「特別会計」記事
なんか又吉イエスを連想させるw
オモロ
2009/10/18 22:04
常温固定核融合技術の動画をブログにまとめました。
http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-325.html
harpman
2009/10/18 22:41
今更ですが、●ttp://www.youtube.com/watch?v=9vIR0uaDSuA 911です。

やはりおかしい。
Dee
2009/10/18 23:37
harpmanさん、GJ。さっそく拡散しときます。ありがとうございます。
ドラドラ
2009/10/19 05:07
「コシミズ」の「コシ」が「クソ」になる言が西村氏からありましたが、よく考えたらあるわけない。

東北地方には「コシ」(古志)王を祭る神社がたくさんありますから、その「コシ」(古志)王を「クソ」なんて言うわけないんです。西村氏はもしかしたら、東北生まれ自体がウソではないのか。

実は、出雲から東北に繋がるズーズー弁は、朝鮮半島由来らしいんです。また、「私たちはどこから来たのか 日本人を科学する」(隈元浩彦、毎日新聞社)によると、出雲から東北に繋がる地域の人の頭の類型はほぼ共通で、しかも朝鮮半島の一部地域とも共通するようです。

従いまして、西村氏の朝鮮人説は「ないとは言えない」かもしれません。間違ってたら、すいません。ハッギリ謝っておきます。
ドラドラ
2009/10/19 05:35
池田の昔の公言を見つけました。

「目立たないように枝を伸ばし、産業界に網の目を張りめぐらして、最後に総合商社を作って決戦だ。(中略)中曽根康弘は心配ない、こちらの小僧だ。総理大臣になりたいと云っていたので、よしよしと云っておいた。ケネディきどりだ、坊やだ」
(第6回社長会・昭和42年11月25日)
zxzx
2009/10/19 05:55
おはよーございます!

大将みたいに真の偉人はみなさん 山が好きなんすね〜。

ふと思いました。
アクア汁
2009/10/19 06:02
あとこんな事もしてました。

ちなみに、池田氏が都合のいい時だけその名前だけを利用する二代会長の戸田氏に対しては、死の直後に池田氏が戸田氏宅に乗り込み、遺品類、古美術、など四億円相当の遺産を強制的に差し押え、葬儀に寄せられた四千万円あまりの香典さえ、遺族に渡さず、創価学会が取ってしまい、未亡人らの抗議でやっと、ほんの一部が返されただけだそうです。そのあとも色紙、メダルにいたるまですべて回収して二代会長色を一掃したそうです。自宅は、池田氏会長就任後に池田氏自身の手により売り払われたそうです。
 死んでしまえば、自分の師だった方の御遺族に対してのこの醜い鬼畜のような仕打ち。流石、池田大作ダイセンセイ。病人の布団も平気で剥ぐという高利貸しとしての経験を余すところ無く活かしきっております。(鬼畜と一緒にしたら、鬼畜に対して失礼かも)
zxzx
2009/10/19 06:03
 大手マスコミもついに常温核融合を認めたのでしょうか。
『常温核融合が再び注目されています』をyoutubeで見て下さい。tbsでピーターバラカンがやってますよ。
ピラリー
2009/10/19 07:16
「ハッギリハッギリ」は面白いなあと思って、統一の動画を改めて観たら、別にハッギリとは言ってなくて、ちゃんと「ハッキリハッキリ」と言ってたわ。
残念。
ハッギリ?
2009/10/19 07:24
リチャードコシミズさんのグローバルな分析にはいつもながら脱帽いたします。

しかしながら、常温個体核融合に関して、中国の協力を求めることは極めて危険です。
中国はアメリカと経済的に組んで本気で、日本という国そのものを「地図から消すつもり」ですから。

従いまして、今後、荒田氏の御研究成果の普及と実現化について、
どういった活動や講義をされるにしても、
「東アジア、特に北朝鮮と中国の情勢」については、
たとえば「青木直人」氏の分析などを、参考にされつつ慎重に行われる事を期待しております。

【青木氏の公式ブログ】
http://aoki.trycomp.com/

中国と北朝鮮の情勢と、今後の動きの予測について分析させたら、
この人の右に出る人は日本にはいないと、私個人は考えています。

ちなみにこの青木直人氏は、9月にチャンネル桜とは決別したようです。
以下、氏の公式ブログより引用。

『主催は発足したばかりの「NLC岡山の会」であり、
チャンネル桜の支援団代である「二千人委員会」とは無関係です。
また私はこの9月1日からすでに「二千人委員会」の会員ではありません。
今でも頻繁に「桜に出演してほしい」との依頼をうけることがありますが、
私の主戦場は自分が立ち上げたこのNLC以外にありません。
この際、このことを明確にしておきます』
士農工商
URL
2009/10/19 08:41
>中国と北朝鮮の情勢と、今後の動きの予測について分析させたら....

私の右に出る人は日本にはいないと、私個人は考えていますけど。
dokudaminoheya
2009/10/19 08:44
OH! beautiful mountain .
karu
2009/10/19 09:46
こないだひとりで三輪山登りましたが、
かなりきつかったので途中でメゲそうでした。
(ちゃんと登りましたけど!)
去年みんなで大文字山登った時、メッチャ楽しかったのですが、
「そうなんだわさ〜みんなで登ったら、
しんどいのもヘッチャラだわさ〜」などと、
三輪山の頂上でそんなことを思ってました〜◎

がんばろ〜。
kuri
2009/10/19 11:41
>中国と北朝鮮の情勢と、今後の動きの予測について分析させたら....

リチャード・コシミズ氏の分析を、参考にする事を期待しております。
りょうち
2009/10/19 15:11
前項よりの続き

もしもあえて、ここの掲示板では耳障りの悪い「極論」を言えば、常温個体核融合技術は、彼らにとっては屁でもないと思いますよ。ちゃっかりとそれも、また投資ビジネスにされると思います。ただし「本当には実現はさせない」という「いつもの手口」で。

そして、この半世紀に、彼らが投資して備蓄した「もの」の方が遥かに技術的には進んでいるであろうと私個人は思いますので。

そして最後に言えば、
最悪の事態を避けるために起きる、
「最悪から二番目の事態」というものが、常にこの世の中にはあります。(ありました)

それは、「死ぬよりはマシだったので、両手両足を切断した」といった人間の状態にも喩えられます。

ユダ金は現在、危険な二重構造になっているかもしれません。
ユダ金よりは「反ユダ金」の計画の方がマシな未来であることは確実ですが、
それは単に「マシ」であるというに過ぎません。

新しいエネルギー技術も大切だとは思いますが、
私個人はもっと、心ある科学者たち、未来ほを本当に危惧する科学者たちが、
総力を結集して、開発して欲しい技術があります。

それは純粋水爆「以外」の核兵器や、現存する原発の破壊によって汚染された水を、
どうやって私達が飲める「飲料水」に出来るかです。
以上です。それではまたいつか。
士農工商
2009/10/19 18:06
>ハッギリ?さん

あの動画で面白いのは
実は、隣の通訳のおじさんだったりします。

あの素晴らしいオーバーアクションを
是非、ご自宅でこっそり真似してみて下さい。

プレゼンの説得力が身に付くかも?       
みけねこ(666)
2009/10/19 20:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

サイト内ウェブ検索

剱岳 dokudaminoheya's blog/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]